自然派洗顔石鹸の選択方法 VCOマイルドソープはどう?

100%無添加オーガニック石けんの選び方

雑誌・メディアで紹介

 

完全無添加だから安心・安全なことはわかったけど。

 

じゃあ、そのなかでも何を基準にして選べばいいのか?

 

 

実際のところ、無添加石鹸といってもいくつもあるんですよね。

 

VCOマイルドソープのほかにも、豆乳石鹸 自然生活やアロテナソープ、沖縄美ら海泥石鹸など。
純白土天然石けんやピュールサボンMgなんかもそうですし。

 

 

これらの洗顔石鹸は、

 

  • 合成界面活性剤フリー
  • アルコールフリー
  • パラベンフリー
  • 防腐剤フリー
  • タール色素フリー
  • 紫外線吸収剤フリー

なんですよ。

 

だから、肌にとっても優しい。

 

万が一、肌に合わなかったとしても、肌荒れや肌トラブルを引き起こす心配が殆どない、ってこと。

 

 

100%無添加石鹸の選び方は?

洗顔石鹸で透明美肌に生まれ変わる

 

もし、どの石鹸がいいのか判断がつかないなら、どんな成分が使われているのかをチェックしてください。

 

特に、メインで使われている成分については、成分表を見なくても販売ページで必ず紹介されています。
「こういう成分がたっぷり含まれているから、こういう効果を期待できます」って感じで。

 

多少誇大表現が入っていたとしても、成分から「どんな効果があるのか?」を調べておけば、まず間違いありません。

 

薬事法の制限があるから、心配しなくてもそこまで誇大広告の入った化粧品って少ないですけどね。

 

 

それと、特典ですね。
初回半額、送料無料、返金保証制度あり、といった特典が付くかどうか?

 

こういうもの・・・特に返金保証というのは、商品に自信を持っているから実施できることなので。
選択する際の目安になります。

 

 

そして、最後に口コミ。
アットコスメや楽天、Amazonや各種口コミ投稿サイトを見てみれば、必ず口コミが見つかります。
よほどマイナーな商品でない限りは。

 

 

では、こちらのサイトで推しているVCOマイルドソープはどうなのか?

 

VCOマイルドソープは、最高級ココナッツオイルをメインにした、とても泡立ちの良い洗顔石鹸です。

 

自然由来の高級ココナッツオイルのVCOは、自然界で母乳成分を含んでいる唯一の成分。

 

 

この母乳に含まれるラウリン酸が赤ちゃん肌を実現させている、という事実に着目し、VCO成分をたっぷり含んだ石鹸が開発されました。

 

ビタミンやミネラルが豊富で、またラウリン酸の作用で生クリームのようなもっちりとした泡立ちを実現する。

 

そして、この泡が毛穴の中に入りこみ、メイク汚れや角質まで残すことなくごっそり落としてくれます。

 

全成分
水、ヤシ油脂肪酸PEG−7グリセリル、(カプリル酸/カプリン 酸)PEG-6グリセリズ、BG、PEG−20ソルビタンココエート、トリエチルヘキサノイン、ローズ水、ヤシ油、トコフェロール、ソメイヨシノ葉エキス、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、リンゴエキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁、ザクロ果実エキス、アーチチョーク葉エキス、システイン/オリゴメリックプロ アントシアニジン、アスコルビン酸、パーシック油水酸化K、カプリリルグリコール、エチルヘキシルグリセリン、1,2−ヘキサンジオール、パルミチン酸エチルヘキシル、カルボマー

 

初回のみ半額、15日間完全返金保障付きと特典も充実しています。

 

累計販売個数が30万個ということからも、その人気がわかりますね。

 


高級無添加オイルの美容洗顔石鹸【VCOマイルドソープトライアル】